· 

失敗しないための審美歯科 歯の色の確認を写真で撮っていますか?

セラミックの歯の色
セラミックの歯の色

セラミックの色が周囲の歯と合わないということはありませんか?

 

特に前歯の審美歯科治療では、セラミックの色合いが重要になります。歯の透明感や透け具合、色合い、明るさなど色に関してはいろいろなことを決める必要があります。

 

写真で同じような色をとっても、単に色合いだけではなく、透けた感じのちがいや、表面の光沢、色の変化などいろいろな特徴が見えるかと思います。

 

審美歯科治療では、最終的にセラミックをお作りするときに写真をお撮りします。写真を撮ることにより単に色を合わせるだけでないきれいな仕上がりが期待できます。写真を撮らずに歯の色を色見本で決めても色合いが周囲の歯と合うことはありません。

 

1本だけ前歯を直す場合などは、周囲の歯に色を合わせないといけない場合、通常のレベルのセラミックでは色を合わせることができません。歯科技工士の高い技術が必要になります。

 

セラミックの色についてのページ

 

セラミックの再治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯の色を治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

 

審美歯科で歯の色を治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。

 

また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。