· 

セラミッククラウンのご質問

Q.

下顎左下3番から右下3番までセラミッククラウン希望です。歯並びと知覚過敏、歯の摩耗、虫歯などにより歯が黒ずんでます。治療方法などご相談したいと思います。

 

A.

歯並びと知覚過敏、歯の摩耗、虫歯などにより歯が黒ずみの治療をセラミックで治療をご希望ということですね。
 
治療では、なるべく歯を削らずにご希望に近い形にさせていただこうと考えております。
そのため、まずは無料カウンセリングにお越しいただきまして、治療の方法を含めて、ご本人の治療結果のご希望をしっかりと把握させていただいております。
 
治療の流れとしましては、
 
歯型をお取りして、模型上で仮歯を作成して用意します。2回目のご来院で歯を削らせていただき仮歯を入れます。
仮歯を入れて生活していただき、周りの方の意見や、ご自身の感想をもとに修正をします。
歯の長さや形によって、歯茎の再生治療や整形治療を追加する場合があります。
仮歯の形がOkになり次第、最終的なセラミックを仮歯と同じような形にお作りいたします。

~審美歯科治療の注意点~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

料金に関しましては、1本あたりの標準的な料金となります。多数の歯を治す場合は、本数分の治療費がかかります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。