ブログカテゴリ:変色歯



ラミネートべニア · 27日 1月 2020
ラミネートべニア
前歯の変色を気にされて漂白を行いましたが、完全には色が合いませんでしたので、ラミネートベニアにて歯の色を合わせます. ラミネートべニアは歯の表面を数ミリだけ削って歯の形や色を変える方法です。通常のオールセラミックの差し歯は歯を一周丸く削って歯を入れますので、ラミネートべニアは歯を削る量が少なく歯によい場合もあります。
変色歯 · 19日 1月 2020
変色歯
歯の変色が濃い場合の審美歯科治療。 オールセラミックを使用する場合,色の濃い変色歯は色が透けないようにオールセラミックの透明感を調整する必要があります.透き通るようなオールセラミックでは変色した歯の色が透けて見えてしまいますし,あまりにも透明感が無いと歯の色が不自然に見えてしまいます.
歯茎が黒い · 16日 1月 2020
歯茎の黒ずみ
歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。 お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。 このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。
セラミックの色 · 15日 1月 2020
天然の歯の色
天然の歯の色ってご存知ですか? 審美歯科の失敗の多くは歯の色合いの失敗です.あまり気にされない方は良いのですが,しっかりと周りの色に合わせたい場合など、色合いが合わないために再治療を希望される方もよくいらっしゃいます.
セラミックの色 · 14日 1月 2020
セラミックの色
審美歯科で、歯の色を見るとき、参考にする色見本が必要です。 より近い色見本と合わせて写真を撮ることによって、審美的なセラミックを作ることが可能になります。
審美歯科と歯茎 · 07日 1月 2020
歯茎の退縮と歯の変色したケース
あなたの前歯の長さは気に入っていますか? 歯茎が退縮して歯の長さが長くなってしまった場合の審美歯科治療をご紹介します。
変色歯 · 07日 1月 2020
神経のない歯 変色歯
神経の無い歯は褐色に変色してくる事が知られています。 変色しても虫歯や炎症がおこっていなければ健康被害は無いのですが,変色が前歯の場合は目立ってしまいますので、きれいに見えるようにしたいと言うご希望の方も多いと思います.今回は、変色した歯の審美歯科治療をきれいにする方法のご説明です. 前歯の神経を抜いた場合、変色してきたり炎症を起こして歯茎から膿が出てきてしまう事があります。
審美歯科 · 27日 12月 2019
変色歯をオールセラミックで治療
あなたの歯は1本だけ変色しまったりしていませんか? 審美歯科治療では、歯の変色具合によって治療方法や歯の削り具合を調節しています。
古いセラミックの交換 · 26日 12月 2019
金属を使用したセラミック治療
最近、金属を使用した差し歯と金属を使用しない差し歯というご説明を歯科医院で受けられた経験のある方も多いのではないでしょうか。 金属を使用した差し歯は通常、保険のきく治療の際に使用されます。金属を使用することで、歯茎の黒ずみの問題や金属アレルギーの問題が起こりやすくなることは知られてきています。 金属を使用したセラミックあるいは差し歯とはどんなものでしょう。
歯茎が黒い · 24日 12月 2019
歯茎の黒ずみ
審美歯科の治療にいらっしゃる方の一つの理由に、昔の差し歯の境界のところが黒くなってしまったのを治したいという理由があります。 原因は歯茎がやせてしまったことにより、従来の差し歯の境界の部分が出てしまったためです。差し歯の境界は黒いのですが、歯茎の中に隠れるように歯を削っています。歯茎がやせることによって、境界の黒い部分が見えてしまいます。

さらに表示する