カテゴリ:審美歯科ビフォーアフター



歯並び · 29日 6月 2020
歯の真ん中のズレを直す審美歯科治療
歯の真ん中がズレてしまっていて、揃えたいという方の中には、矯正治療をしたくないという方もいらっしゃるのかと思います。 そんな場合に、審美歯科でもある程度真ん中のズレを直すことが出来ますので、ご紹介いたします。
歯の形 · 25日 6月 2020
歯茎の整形治療
前歯の差し歯の治療の際、歯の長さが短く小さい場合があります。 こういった場合の改善方法は、歯茎の位置を周囲の歯と調和させてから審美歯科治療を行うことで、見た目を改善することができます。(さらに改善したい場合は矯正治療が必要となる場合もあります) それほど期間がかからずに差し歯の長さを改善する歯茎の整形治療をご紹介いたします。
歯並び · 23日 6月 2020
前歯の歯並びを審美歯科治療で短期間に治したいというご希望の方の治療例です.極端な歯並びの不正は矯正治療が良いのですが,ケースによっては審美歯科治療できれいな歯並びにする事ができます. このケースでは歯の神経を抜かずに歯並びを改善する事ができました.また、歯の色を白くする事ができるのも喜ばれています.
オールセラミック失敗 · 22日 6月 2020
前歯の長さが左右でちがうオールセラミックの審美歯科治療
審美歯科治療の失敗の一つに前歯の差し歯の長さが左右でちがうという失敗があります.審美歯科治療をする際に気をつけるポイントがあります.
オールセラミック失敗 · 21日 6月 2020
セラミックの失敗
あなたの長いオ−ルセラミックを普通の長さに治す方法のご紹介です。 もしあなたが、長いオ−ルセラミック見た目を気にされているのであれば朗報です。 笑った時に普通に綺麗に見えるようになりたい。ということで、歯並び治療をオールセラミックなどの審美歯科で治療をされる方もいらっしゃいます。 出っ歯が気になってとか、歯並びの凸凹が気になって、美容外科などで、オールセラミック治療をしたのに歯が長くて満足できないという方がご相談にいらっしゃいます。
歯並び · 15日 6月 2020
歯並び治療
歯のねじれや大きさを変えて歯並びを良く見せるのであれば審美歯科が有効な場合があります。
全体的な審美歯科治療 · 14日 6月 2020
全体的な審美歯科治療
年齢とともに全体的な見た目が悪くなってきてしまうことがあります。 単純に汚れが付いているだけでなく、歯の色自体の色が変化し褐色になってしまってくる場合があります。 こんな時に、全体的な審美歯科治療で見た目を改善を希望される方が増えてきています。
前歯のすき間の治療 · 14日 6月 2020
前歯の隙間を埋める審美歯科治療法
前歯の歯と歯の間に隙間があることをすきっ歯ということもありますが、見た目の悪い歯並びの一つと考えられています。 病気ではないので、そのままでも良いとお考えの方も多いですし、特に発音やお食事の問題もなければ何もしないというのも良いのかもしれません。 というのも、従来歯の間の隙間を治療するとなると大きく歯を削ってオールセラミックなどをかぶせる方法が一般的に行われていましたので、歯を削るくらいなら何もしたくないということになっていたのかもしれません。 今回ご紹介する方法は、歯を削らずに接着させるダイレクトボンド法という方法です。歯を削らずに歯の隙間を埋めます。
オールセラミック失敗 · 30日 5月 2020
セラミックの失敗
もともと出っ歯の方が審美歯科治療をされる場合、よくある失敗に元々出っ歯であったの歯の審美歯科後の長さが長すぎるという失敗があります。 これは、出っ歯の歯は歯茎の位置が周囲の歯より上にあることが多いためです。歯茎の位置が上にあるために、歯の先端の長さを左右で揃えようとすると長い歯になります。 多くの方は、治療前や、仮歯に変えた段階で説明を受けていないために、最終的なオールセラミックが入った後に不満を感じるようになってしまうようです。 オールセラミックが入ってしまうとそのまま歯茎の位置を直すことができないため、歯茎の再生治療とオールセラミックを同時にやり直すことになります。
歯周病と審美歯科 · 30日 5月 2020
重度の歯周病のかたの審美歯科治療例
歯周病が重度に進行してしまうと、歯茎が下がっったり、歯が揺れてしまうために移動してしまったりします。 重度の歯周病のかたの治療は、通常治療後に非常に長い歯になって見た目が非常に悪くなってしまいます。

さらに表示する