ブログカテゴリ:歯茎の審美歯科



前歯のオールセラミックブリッジ
前歯のブリッジ治療は、抜いた歯の歯茎の位置を調整することが歯の大きさを決めるために重要ですので、歯茎の位置を整える審美歯科治療を行います。 前歯をブリッジにする時は抜いた歯の歯茎をしっかりと残せるのか確認してから審美歯科治療を行うことお勧めします。 抜けてしまった歯の両隣の歯を削って、3本の歯をつなげて1体とする治療をブリッジ治療といいます.
審美歯科と歯茎 · 07日 12月 2019
審美歯科
歯茎の位置を変えずに入れた差し歯の大きさが異様に小さいという審美歯科の失敗ケースがあります。 歯の大きさが小さすぎても見た目に違和感がありますので、歯茎の整形によって平均的な大きさの歯が入るように調整します。 歯茎の整形処置は簡単な外科処置になります。お痛みはほぼ無く痛み止めを術後に飲まなくて良い場合もあります。
審美歯科と歯茎 · 06日 12月 2019
年齢とともに歯茎が下がってしま
歯茎が下がってしまった場合はそのまま審美歯科治療を行うのではなく、歯茎を回復させてから審美歯科治療を行うことをお勧めしております。 よく見る審美歯科治療の失敗で、下がった歯茎の長さに合わせてオールセラミックを入れるので歯が長くなってしまっているケースがあります。 歯の長さは平均的な長さより長くなると見た目が審美的ではなくなります。歯茎の再生治療で歯茎を回復してから審美歯科治療をされることをお勧めします。
歯茎が黒い · 05日 12月 2019
歯茎の退縮
差し歯の歯茎が下がってしまって、歯の根っこが露出する事があります.歯茎が黒くなってしまった差し歯の多くは歯茎が下がってしまった時におこります. 歯茎が下がった時に歯ぐきの再生治療と言う方法で歯茎を覆う事が可能な場合もあります.
歯の形 · 03日 12月 2019
歯茎の整形
審美歯科治療のメリットとして,歯の大きさのバランスを変更して良いバランスにする事ができるという事があります. 歯の大きさのバランスが整う事できれいな歯に見えるようになります.
歯周病と審美歯科 · 02日 12月 2019
歯周病と仮歯
歯周病の方の前歯は年々前に出っ歯になってしまう傾向があります。 これは、歯を支えている骨が溶けてしまうことで、歯が動きやすくなってしまうことが原因になります。 歯周病の進行してしまった場合は、歯周病の治療に合わせて歯の揺れを止める処置が必要になります。その上で見た目を良くするために審美歯科治療を行います。
オールセラミック失敗 · 01日 12月 2019
セラミックの失敗
あなたの長いオ−ルセラミックを普通の長さに治す方法のご紹介です。 もしあなたが、長いオ−ルセラミック見た目を気にされているのであれば朗報です。 笑った時に普通に綺麗に見えるようになりたい。ということで、歯並び治療をオールセラミックなどの審美歯科で治療をされる方もいらっしゃいます。 出っ歯が気になってとか、歯並びの凸凹が気になって、美容外科などで、オールセラミック治療をしたのに歯が長くて満足できないという方がご相談にいらっしゃいます。
審美歯科と歯茎 · 30日 11月 2019
歯茎と審美歯科
前歯の歯茎が下がってしまうと歯が長く見えて見た目が悪くなってしまいます。見た目をよくするためには歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行います。 歯茎の長さを戻すことで見た目が良くなります。特に前歯の歯茎が下がってしまった場合は歯茎の位置が回復することで見た目が良くなります。 歯周病が進行してしまっている場合は少し処置が複雑になってしまう事もありますが、何もしないより見た目が良くなります。
審美歯科と歯茎 · 30日 11月 2019
下がってしまった歯茎
歯茎の審美歯科は、歯茎が下がってしまっても長い歯にならないための治療ですね? 歯茎が下がってしまった時に、見た目を改善する方法があまり知られていなかったため、長い差し歯を入れる方が多かったのですが、歯茎の審美歯科では歯茎を回復させたうえで差し歯を入れるので、差し歯が長くなりにくくできます。
審美歯科と歯茎 · 29日 11月 2019
セラミック
審美歯科治療は何年かに一度大きな変化があります。 10年ほど前に、ホワイトニングの大流行、オールセラミックという金属を使用しない素材への大変換などが起こりました。 そして、現在10年ほど前にオールセラミック治療を行った方の歯茎が下がり始めて対処法を求める方が大勢出てきています。 新しい審美歯科治療では下がった歯茎を再生させて見た目を改善させます。

さらに表示する