ブログカテゴリ:歯茎の審美歯科



審美歯科と歯茎 · 23日 1月 2020
前歯が長い 治療前
新しい審美歯科治療では、差し歯の長さが左右でちがうのを、矯正治療なしに揃えることができます。 長くなってしまった歯を短くすることも、短い歯を長くすることも可能です。(もちろん限界はあります。)
審美歯科と歯茎 · 21日 1月 2020
セラミックの失敗
審美歯科治療後に、数年経ってから歯茎が黒くなってしまうことがあります。 時間がすこしたってから歯茎が黒くなるケースの多くは歯茎が下がってしまうことが原因です。せっかくセラミックを入れたのに見た目が悪いと感じてしまいます。 セラミックの適合が悪いケースは再度作り直しになってしまいますが、適合が良い場合は、歯茎だけを再生させることで歯茎の黒ずみを取ることができる場合があります。
オールセラミック失敗 · 20日 1月 2020
歯茎の再生
前歯の歯茎が大きく下がってしまった場合には、通常の審美歯科治療では綺麗な歯を入れることができません。 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行う新しい審美歯科治療法が必要になります。
審美歯科と歯茎 · 16日 1月 2020
歯茎の審美歯科
歯の形や色の白さについで気になるのが歯茎の状態です. 審美歯科治療といってもセラミックを作るだけが審美歯科ではなく、歯茎の見た目をきれいにする事も審美歯科治療として行います.歯茎が下がってしまった場合に、歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行いますが,見た目を審美的に行う事ができる場合があります.
歯茎が黒い · 16日 1月 2020
歯茎の黒ずみ
歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。 お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。 このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。
歯の大きさ · 15日 1月 2020
審美歯科治療と合わせて歯茎の再生治療
審美歯科治療を行う際に、歯の長さは見た目に影響しますので、長さを調整することが非常に重要になります。 今回は、神経を抜いて変色した歯をオールセラミック にて審美歯科治療を行う際に、歯茎の再生治療を審美歯科治療と合わせて行うことで、歯の長さを平均的な長さにすることができたケースをご紹介いたします。
審美歯科 · 12日 1月 2020
細かい部分の歯磨き
歯茎の腫れてしまっている方は審美歯科治療の結果を長持ちするために、審美歯科治療と合わせて歯茎を引き締める治療を行います。 歯周病が進行してしまっている方の審美歯科治療も審美歯科治療前に歯周病の治療を行わないと審美歯科治療後に歯茎が下がって見た目が悪くなってしまう場合があります。
審美歯科と歯茎 · 11日 1月 2020
歯茎が下がって長くなってしまう
歯茎が下がってしまった場合の審美歯科治療のご紹介です。 歯茎が下がってしまった方の審美歯科は通常の審美歯科治療だけでは、見た目の改善が難しいため、歯茎の回復をセラミック治療と合わせて行います。 1~2ミリの改善で、歯の大きさや形のバランスが大きく変わります。歯茎が下がってしまったまま通常の審美歯科治療をお行うと長い歯になってしまいます。
歯並び · 10日 1月 2020
歯茎の整形をしないで審美歯科をした場合
前歯の差し歯を交換する際、新しい審美歯科治療では歯茎の位置を整えて左右対称にすることが可能です。この方法は歯茎の審美歯科治療といって、歯茎の再生・歯茎の整形を行い前歯の見た目を改善する新しい審美歯科治療方法です。
オールセラミックブリッジ
前歯の抜けてしまったときはオールセラミックブリッジがおすすめです. また、歯を抜いたときは歯茎が窪んでしまう事が多く、そういった場合は歯ぐきの再生治療もおすすめです.

さらに表示する