ブログカテゴリ:歯茎の審美歯科



審美歯科と歯茎 · 07日 4月 2020
歯茎の黒ずみ
あなたの差し歯の歯茎は黒ずんでしまっていませんか? 差し歯の周囲の歯茎の黒ずみを気にされている方は、多くの場合歯茎の中に金属が歯茎の中に入ってしまい、歯茎が黒くなって見えています。
仮歯 · 07日 4月 2020
審美歯科で歯の形の修正
審美歯科で治療をお考えの方の中には、一度入れたセラミックの歯の形や並びが気になってやり直したいという方がいらっしゃいます。 歯の形の修正を仮歯にて行います。 お好みの形になるように仮歯の段階で修正していきます。 仮歯の形の修正に関しましては、治療プランによって異なります。仮歯の形をしっかりと確認してから治療を行いたい方は、何度か仮歯を直すことになります。通常典型的な形を使用しますが、ご本人の希望による細かいオーダーは別途料金がかかる場合があります。歯の形に関するご希望がある場合は1回目の仮歯を入れた段階でご相談ください。
審美歯科と歯茎 · 06日 4月 2020
オールセラミックと歯茎
一概にオールセラミック治療と言っても予想外の仕上がりになってしまうことがあります。例えば、最近だとオールセラミックの透明感を強くしたいと言ったら、透明すぎて黒く見えてしまったり、歯の長さが短すぎたり、出っ歯な角度に歯が入ってしまったりと言ったことがあるようです。 今回は、オールセラミックを入れたけど、見た目が悪いのでやり直したいといわれたケースの治療例をご紹介いたします。
審美歯科と歯茎 · 06日 4月 2020
歯茎の位置を左右で揃える
前歯の差し歯の長さが左右でちがう上、歯茎が下がって黒く見えている場合の治療
審美歯科 · 04日 4月 2020
審美歯科治療
もしあなたが、単に1本の歯を治したいのではなくきれいに見える口元にしたいので、どうしたら良いのかという御相談でしたら、全体的な審美歯科治療をお考えになられた方が良いでしょう. 例えば,歯の変色や歯茎の退縮・歯の隙間、銀歯や全体的な歯の色の不満等がある場合,全体的なプランを立てた方が短期間にきれいな口元になります. どのタイミングで治療をするのが効率的かを考えながら治療を進めていきます.
審美歯科と歯茎 · 04日 4月 2020
歯茎の整形前
前歯2本の差し歯のやり替え希望されたケースです.前歯の大きさが小さく、周囲のはより短く四角形に見えます.前歯の大きさを数ミリ長くするために歯茎の整形処置を行いました. 歯茎の整形処置は部分麻酔をして、歯茎の位置を整えます.歯茎の位置に合わせて仮歯の形を修正します.通常30分程で処置は終了します.
審美歯科 · 02日 4月 2020
左右の長さを揃える審美歯科治療
審美歯科というと、単に虫歯の歯をセラミックの歯で直したり、差し歯がかけたり膿が出てやり直す際に、オールセラミックという素材でやり直すだけでは、自然な見た目にはなりません。 せっかく新しくしたオールセラミックの長さが左右でちがっていたりすると、せっかく直したのに物足りない感じになってしまうかもしれません。 審美歯科治療を行う際には、オールセラミックの長さや形を調整することで、見た目をより良いものにすることができます。
審美歯科と歯茎 · 01日 4月 2020
セラミックの差し歯の歯茎が下がってしまう事があります.
セラミックを入れた後に歯茎が下がってしまっていませんか? セラミックの歯茎が下がるってどういうことって思われるかもしれませんが、セラミックの歯の歯茎との境界が見えてきてしまう事があるのです。 歯の根っこが見えることと、少し色が違う場合が多く見た目に目立ってしまう場合もあります。 そこで、今回ご紹介するのは、セラミックの歯茎が下がってしまった時の治療法です。
審美歯科 · 31日 3月 2020
審美歯科と歯茎の黒ずみ
審美歯科治療では、歯茎が黒く見える問題に対応しております。 歯茎が黒く見える原因の一つに、神経の無い歯の歯茎が下がってしまうことが考えられます。最近主流になっている、金属を使用しないタイプのオールセラミックを使用しても歯茎が下がってしまうと歯茎が黒く見えるようになってしまいます。
審美歯科 · 30日 3月 2020
歯茎の下がった方
歯茎が下がってしまって歯が長くなってしまった場合の審美歯科治療をご存知でしょうか? 歯が長いまま審美歯科治療を行ってきれいなオールセラミックが入っているのに歯の長さが長くて見た目が悪いということがあります。 こういった場合、歯茎の再生治療を行って歯の長さを回復させたうえでオールセラミックなどの審美歯科治療を行うことがお勧めです。

さらに表示する