2014年

7月

05日

審美歯科のホワイトニング 歯の色を決める基準

審美歯科治療をするとき、ホワイトニングのすすめ

歯の審美歯科治療を考えるとき、歯の色も変えたいと思いませんか

 

そんな時、治療をしない歯のホワイトニングが歯を削らなくて済みますのでお勧めです。

 

たとえば前歯を治療するなら周りの奥歯も白くして全体的に白くしたほうがきれいに見えます。

 

ホワイトニングをうまく使うことで歯を削らなくて済む場合も多いです。

すでに治している歯以外は削らずにホワイトニングをしています。

 

ホワイトニングで白くなった色に合わせてセラミックの歯を入れいています。

歯の色を白く見せるには肌の色との比較が大切です。

 

ホワイトニング 歯の色と肌の色

肌の色より少し白くした場合。

A1と言う色になっています。白すぎもなく、落ち着いた白さです。

ホワイトニング 歯の色と肌の色

肌の色よりすこし黄色い場合

B3と言う色です。一般的な色ですが、肌の色より黄色いため、少し黄色く感じます。

ホワイトニングはこちら

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

03-3251-3921