2014年

9月

05日

審美歯科ブログ 歯を抜かずにオールセラミック治療

歯の上の部分が外れて歯茎の中に歯の根っこが埋まってしまいました.この歯の根っこを抜かずに残して治療します.

 

虫歯の進行具合で残せない場合もありますが、このケースでは、歯の根っこが虫歯が小さかったので残せました.歯茎の整形を行いました.

 

その後、前歯の横の歯なので、審美的に白いオールセラミックで治療しました.

少し白目なオールセラミックを入れています.審美的に仕上がりました.

 

こういった歯を抜いてインプラント治療にしてしまうことが多いのですが、ご自身の歯を残競るなら残した方が良いと考えています.インプラントは人工物なので、この歯の根っこがだめになってから考えたら良いと思います.

 

審美歯科のページ

 

深い虫歯を残した上で銀歯を白くしたいと言う方には良い方法かも知れません。ただ、残っている歯の状態によって咬んだときの痛みがあるようでしたら、歯を抜く事をお勧めしています。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839