· 

オールセラミックの歯茎が下がった時の審美歯科治療

せっかくオールセラミックの歯を入れて満足していたのに、しばらくして歯茎が下がってきてしまうことがあります。

 

歯茎が下がると歯茎が黒く見えたりして見た目に不満を感じてしまいます。

 

今回は、オールセラミックの歯茎が下がった時の審美歯科治療をご紹介いたします。


オールセラミックの歯茎が下がるという問題について

オールセラミックを入れて5年ほどして歯茎がどんどん下がってきてしまう事があります。歯茎だけ回復させることができる場合と、オールセラミックを外してやり直さないと歯茎を回復させることができないケースがあります。

 

今回は、オールセラミックの適合(精度)が良くなかったために歯茎の再生とオールセラミックを作り直しを行ったケースのご紹介です。

 

歯茎を回復させる審美歯科治療ケース

歯茎を回復させる審美歯科治療
歯茎を回復させる審美歯科治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯茎が下がってしまった。

写真のように、入れた差し歯の歯茎が下がってしまった場合に歯茎を戻した上で審美歯科治療を行う方法があります。

この方法を行うと将来的に歯茎が下がってしまってもまたもとに戻す事ができます。

 


治療中の状態

歯茎を回復させる審美歯科治療
歯茎を回復させる審美歯科治療

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既にお口に入っていた差し歯を取り除いて仮歯に替えた上で歯茎の再生治療を行いました。仮歯と歯茎のラインがきれいに並べることができました。審美歯科では、歯茎の再生治療を行わないと、歯茎のラインがそろわず、歯の長さが不揃いとなる失敗ケースが多数見られます。審美歯科治療に失敗をしないように歯茎の再生治療を行っている歯科医院で審美歯科治療を行うことをお勧めしております。

 

歯茎の審美歯科のページ

 

歯茎の審美歯科のページでは、歯茎のラインを整える方法として、歯茎の再生治療と歯茎の整形治療をご紹介しております。歯茎の再生治療では歯茎をプラスする治療で、歯茎の整形治療は歯茎を切り取って歯茎のラインを整える治療になります。ご参考になさってください。