· 

歯茎の再生をしないで審美歯科を行ったケース

従来の方法で審美歯科治療を行った場合,歯茎の位置が変更できないため,歯並びは良くなるけど歯の長さが調整できないという問題が起こってしまいます。

そのため、歯茎の位置が左右でそろっていない方は歯ぐきの再生治療・整形治療で歯茎の位置を整えてから審美歯科治療を行う事をお勧めしております.

歯並びを審美歯科で治療
歯並びを審美歯科で治療

八重歯の歯並びを審美歯科治療で治す場合,歯茎の位置を再生・整形するかしないかで、歯の大きさが変わります.

 

このお写真のケースでは、歯並びを整える事と,前歯の歯茎の整形処置をする事になりました.お写真右側の犬歯は歯茎が下がってしまっていますので、歯茎の再生治療を行って歯茎を回復させてから審美歯科治療を行う事をお勧めしますが,このケースではご希望されなかったために、歯茎の再生治療を行わずに、歯並びを審美歯科治療にて行いました.

 

 

審美歯科治療
審美歯科治療

前歯4本の歯茎は歯茎の整形処置で大きさのバランスをそろえていますが,写真右側の犬歯の歯茎の再生を行わなかったため、犬歯の長さだけが長くなってしまっています.

 

歯並びに関してはきれいになって満足いただけました.歯の大きさを歯茎の再生法で整える事でさらに歯のバランスを良くする事ができます.

 

歯茎の再生の詳しいページ

左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療
左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療

このお写真のように左右のはの位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療をお勧めしております.

このケースではご希望で左側だけの歯茎を再生しました.

左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療
左右の歯の位置がそろっていない場合は、歯ぐきの再生治療

左側の長かった歯が、短くなって歯の長さがそろった幹事になっているのがわかると思います.

このBlogの内容に興味を持たれた方は上のシェアボタンのクリックをお願いいたします。