前歯の歯並びを短期間に治療する方法

 

たとえば、前歯の歯並びを短期間に治す方法として、急速矯正法やセラミック治療があります。

 

出っ歯、すきっ歯、八重歯、ガタガタの歯など、歯並びは、前歯の並びを短期間で治せるとしたらいかがでしょうか。

 

歯並びがきれいということは最高に自分をよく見せるアクセサリーとなるでしょう。

 

歯並びの治療は衣類や装飾品のとはちがい毎日目にするものです。歯並びにかける費用は、長い期間効果を持続します。一度しか使用しないアクセサリーなどと比べると、歯並びに費用をかけられた方がお得なのではないでしょうか。

 

このページでは、短期間に治す歯並び治療の方法・費用をまとめさせていただきました。

 

 

 

歯並び治療を矯正でする場合、矯正モニターキャンペーン 急速矯正法とは

審美矯正装置
審美矯正装置

今回のキャンペーン   好評につき100名様まで

 

急速矯正法 ¥398,000−

モニター価格です。

 

急速矯正法を行いモニターとして、HP上に載せるアンケートにお答えいただける方に調整料・装置代・急速矯正代込みで、総額

¥398,000−(税込み)のみにて、矯正をさせていただきます。 通常の矯正歯科では100万円近くかかると思います。

 

モニターなので、コメントを書いていただくことが条件になります。ホームページにコメントを使用させていただきます。また、この治療は、院長の福嶋が処置を行います。

 

通常、急速矯正法では、6ヶ月で矯正治療が終わります。

なかなか矯正を始められなかった方もこの機会にいかがでしょうか。

 

顎変形症の方は、この適応の除外となります。

詳しくは、無料カウンセリングにお越しください。

 

審美歯科

急速矯正法

急速矯正法は、通常の矯正装置で歯並びを治します。

あごの骨に刺激を与える処置を追加することで、骨の代謝が良くなり、歯の移動スピードが通常の2〜3倍速くなります。

 

8月いっぱいはキャンペーン中で、モニター割引を行っています。

 

通常6か月程で終了します。

矯正治療の治療代すべて込みで¥398,000-(税込)です。

 

 

 

典型的な治療例     

上の歯が出っ歯でサイズが大きく下の歯が凸凹のケース

歯並び治療
歯並び治療前
歯並び治療
歯並び治療前,下の前歯

典型的な歯並びの問題ケースです。上の歯が少しサイズが大きくて出ていて、下の前歯の歯並びが凸凹の方がよく御相談にいらっしゃいます.

 

こういったケースでは、上の前歯の大きさと歯並びを変えるためにオールセラミック治療を行い、下の前歯は部分矯正にて歯並びをそろえる方法がおすすめです.

 

歯並び治療
歯並び治療後

上の歯はスタンダードオールセラミック6本で歯の大きさと歯並びの修正を行いました.下の歯は部分矯正のスピード矯正で行いました.

 

 

スピード部分矯正法の治療例

始める前の歯並び

歯がねじれて少し出ています。

3か月後の歯並び

出っ張らずに並びました。

患者様は、短時間で終わり喜ばれました。

 


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-1サンミビル6F

03-3251-3921

0120-25-1839

 

次に、歯並びをオールセラミックで治療する方法審美歯科治療と言っています。歯を削ってセラミックの歯を入れます。

歯並び治療前
歯並び治療前

歯並びを審美歯科治療でセラミックを希望されました。

お時間の無い方、矯正装置をつけたくない方で歯並びを治したい方は審美歯科治療を選択されることも多いです。

仮歯で調整中
仮歯で調整中

歯茎の再生・整形と仮歯で形を調整しています。

ほぼ満足できる形となればセラミックに交換します。



前歯2本のケース

前歯2本の出っ歯の治療例
前歯2本の出っ歯の治療例

ほんの少しの治療をすればとてもきれいになることがよくあります。

こちらの方もほんの少し出っ歯を下げて上品な感じのオールセラミックを入れさせていただいたらとても喜ばれていました。

前歯の並びを変えたい方 審美歯科症例

前歯の歯並び治療の流れ

歯並びをきれいにしたいという欲求があるけど、どのような歯並びになるのかを考えられる方はあまり多くないと感じます。

 

最終的にどのような歯並びになるのかを考えることは重要なことです。何となく歯が並んできれいな感じになるだろうと思い、治療をスタートしてしまうと、考えていたものとちがってしまうこともあります。

 

そこで、当院では、実際に歯を削ったり、装置を付ける前に、歯型をお取りした模型上で、ワックスや、仮歯を使用して、最終的な歯の形を見ていただいております。

 

模型上のワックスや、仮歯の歯並びで満足いただけてから、治療の方を開始させていただくようにしております。

 

 

 

前歯の歯並びの治療例

治療前の歯並び

歯並び治療前
歯並び治療前

前歯が飛び出してしまっています。

歯並びを良くしたいご希望でご来院されました。

歯並び治療前
歯並び治療前

前歯が1本飛び出してしまっています。

下から見た状態


仮歯を入れた後の歯並び 治療2回目

仮歯を入れた状態
仮歯を入れた状態

仮歯で形を整えます。

仮歯を入れた状態
仮歯を入れた状態

飛び出した歯を並べました。

仮歯だけでもかなり満足していただけます。


模型上の仮歯で形の確認
模型上の仮歯で形の確認

模型上で歯並びを確認してから、実際に仮歯を削って治療をします。

遠方から来院の方は写真をメールでお送りして確認していただくサービスを行っています。写真で確認して、形がOKの時にご予約をお取りします。

形に修正が必要な場合は、修正してもう一度見ていただきます。

修正が終わった段階でご予約をお取りいたします。

セラミックの料金

歯並びを変える症例1 オールセラミックで短期間の治療

術前
術前

前歯の歯並びの改善を希望されて来院されました。

神経は抜きたくないということで、まずは仮歯を入れて審査しました。

歯の色も肌の色より白くするようにおすすめして、ホワイトニングをしていただきました。

術前
術前
術後
術後

ホワイトニングとジルコニアオールセラミックで、前歯5本を治療しました。

ホワイトニングでかなり白くなりましたので、下の前歯に合わせて上の歯の色を決めました。

神経も歯も抜かずに済みました。

歯茎の整形も最小限で整えました。

少し歯茎の近くの色が白くならなかったのが残念ですが、見えない部分ですのでこれ以上の処置はしないことにしました。

術後
術後

白くてきれいな歯が入りました。

とても喜んでいただけました。きれいな歯と周りから言われるそうです。

 

治療期間は1ヶ月半かかりました。

 

セラミックの料金

 

 

歯並びを変える症例2

審美歯科 歯並びを変えたい
治療前

八重歯と歯並びが気になって来院されました。

お急ぎのためセラミックでクイック矯正をすることにしました。

審美歯科 歯並びを変えたい
仮歯に交換

仮歯で形を確認しています。

だいたい納得していただけました。

オールセラミック
オールセラミック

オールセラミックで治療

仮歯と同じ形で仕上げました。

光が反射してしまうくらいツルツルです。

歯並びを変えるケース3

前歯の並びと歯の色をオールセラミックで変えてそろえています.全体的にはホワイトニングもしました.

ホワイトニング
ホワイトニング
神田ふくしま歯科
神田ふくしま歯科

お問い合わせ 無料カウンセリングご相談連絡先

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-1サンミビル6F

03-3251-3921

0120-25-1839

 

メール問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

審美歯科と矯正の比較

初めまして、歯科医師の福嶋と申します。今年で10年間、銀座の歯科医院で院長をしています。 当院には歯並び治療のご相談に患者様が多くいらっしゃいます。

 

歯並びをきれいにしたいけど、どういう方法があるのかご存じない方が大半です。治療方法、期間、仕上がり具合、費用などの参考になるのではないかと思い記事を書かせていただきました。

 

歯並び治療の方法は、大きく分けて、歯の矯正か審美歯科治療になります。

 

歯の矯正法は、ワイヤーを使用する方法と透明なマウスピースを使用する方法があります。

 

審美歯科治療法は、歯を削ってオールセラミックなどの白い歯を入れて歯並びを治します。

 

歯の状況によって、治療方法を選択されると良いと思います。

 

たとえば、八重歯や出っ歯隙間のある歯、多少の並びの悪い歯に関しては審美歯科治療で改善が期待できます。口元の出ているような状態や、奥歯を含めた全体的な歯並びを治したい場合は歯の矯正治療を選択されると良いと思います。

 

また、歯並びの悪い方は、歯が削れて形が変わってしまっていることがよくあります。矯正治療後にセラミックなどにより形を修正されるとよりきれいな歯並びに見えることもございます。

 

詳しい説明は下の写真をクリックしてください。

 

歯並び治療で失敗をされないように審美歯科をできる病院をお探しの方の手助けになれば幸いです。

 

お問い合わせ

写真をクリックしていただきますと詳しい説明が出ます。

審美歯科治療と矯正治療それぞれの詳しい説明   期間や費用など

歯のならんでいない状態
歯のならんでいない状態

審美歯科治療をご希望の方はこちらをクリックしてください。

 

審美歯科で短期間に白く並んだ歯にすることができます。

矯正治療中
矯正治療中

矯正治療をお考えの方はこちらをクリックしてください

 

歯の矯正治療では、口元の感じも変えられます。 


歯並びを変える症例 歯の矯正の場合

歯をあまり削りたくないということで審美歯科ではなく部分矯正で治療しました。

下の前歯は1本抜きました。

歯のねじれを取って並べました。

歯と歯の間の形を修正してすっきりと見える形にしています。

下の歯の並びが今一つでしたが、患者様は全体的にはとても喜んでいらっしゃいました。

治療期間は6か月でした。

部分矯正装置代 ¥315,000-(税込)

 

歯並びを矯正で治すか審美歯科治療で治すか

歯並びが気になって治したい場合、歯の矯正治療をする方法と、審美歯科のセラミックで並べる方法のどちらかを選択することになります。

 

それぞれ利点欠点がございます。

 

矯正治療の利点

  • 歯を削らないで済む場合が多い
  • 奥歯を含めて全体的に変えることができる

矯正治療の欠点

  • 特に成人の方の矯正では、歯並びを並べると歯と歯の間の歯茎がさがり、三角形の穴ができる(ブラックトライアングルという)
  • 期間がかかる
  • 費用がかかることが多い
  • 治療中しゃべりにくくなったり食事がしにくくなり、生活に支障が出る。
  • 矯正後に結局、審美歯科治療をすることになることがある

審美歯科の利点

  • 天然の歯より光沢がありきれいな仕上がりになる。
  • 短期間で終わる
  • 矯正より費用が掛からない場合が多い
  • 治療中生活の支障がほとんどない。
  • 理想的な歯の形にすることができる

 

審美歯科の欠点

  • 歯を削る
  • 場合によっては神経を抜くこともある。
  • かみ合わせの関係でご希望の歯並びにならない場合がある。

 

 

前歯の歯並びに関するブログ

2017年

10月

15日

歯並びと審美歯科 歯並び治療をお急ぎの方へ

歯並びをすぐにでも直したいという方は、審美歯科がオススメです。

 

ただ、急いでいるからといって中途半端な歯並びに仕上がってしまっては残念な結果となってしまいます。まずはしっかりと仕上がりのイメージを納得することが重要です。

 

そのため、審美歯科治療で歯並びを治されたい方はお急ぎの方もいらっしゃいます。基本的に間に合うように処置をさせていただきますが、難しい場合はきれいな仮歯をお作りして入れております。

 

通常きれいな仮歯を入れただけで歯並びはきれいに見えますし、フラッシュを強く撮影されるのでしたら、仮歯もセラミックも透明感が出ませんので同じ感じに光って見えますので、見た目の心配はしなくてもいのではないかと思います。

 

結婚式のようなご予定が終わった後も来院が可能な場合は、綺麗な仮歯で十分写真の写りは良くなりますので、当日仮歯で過ごされて、後日しっかりと落ち着いてセラミックの治療をされてはいかがでしょうか。

 

仮歯に関しましては、下記のリンクページに症例などを記載しておりますので、ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

審美歯科の仮歯のページ

 

また、審美歯科に関して治療をお考えの方は、無料カウンセリングを行っておりますので、ご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

 無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

14日

歯並びの改善に考える歯茎の審美歯科について

新しい審美歯科治療では、単に差し歯をオールセラミックのはに変えるだけではありません。

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

13日

審美歯科ブログ 出っ歯が審美歯科で短期間に治ります。

出っ歯の治療を審美歯科で考える場合、歯の角度と歯と歯茎の付け根の部分の出っ張り具合を考えて治療を計画します。

 

歯の角度が出ていて下の歯の噛み合わせがきれいな場合上の出ている歯を審美歯科治療で治すのはすぐに終わります.2回から3回で終わる事がほとんどです.

 

歯の角度が出ていて下の歯の噛み合わせが悪い場合、下の歯の治療も必要になる事があります.こういうケースでしばしば行う治療は、上の歯を審美歯科治療できれいな色の歯に替え、下の歯は部分矯正で並べるという方法です。これは、噛み合わせの関係で上だけを下げる事ができないためです.

 

また、歯茎の部分から出ている場合は矯正治療をお勧めしています.歯茎の部分から前に出っ張っているケースに関しては歯の部分だけを治しても歯茎の位置が変わりませんので、口元の感じが変わらないままになってしまいます。そのため、歯を抜いて矯正を行う方法が一般的な治療法となります。


出っ歯の治療に関してのより詳しいご説明を下記のリンクページでさせていただいております.ご興味のある方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

出っ歯の治療のページ

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

07日

差し歯の歯並びが気になる方の審美歯科

古い差し歯が入っていて、歯並びも少し乱れてしまっています。審美歯科治療を行う際には、差し歯を交換するのに加えて歯並びを改善します。

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

04日

成人の方の歯並び治療は目立ちにくい矯正装置と審美歯科治療で行います.

大人になってから、ご自身の意志で歯並びを改善させたいとお考えの方にとって、目立たないように治療を行う事は非常に有効な方法だと思います.


近年マウスピースで歯並び治療ができるようになり、上下の歯並びの改善を、上の歯は審美歯科治療で下の歯はマウスピース矯正治療で行う方法が行えるようになって来ています.


詳しくは歯並び治療のページをご覧ください.

続きを読む 0 コメント

2017年

10月

02日

歯並びを気にされている方はモニター料金で矯正・部分矯正を行う事が可能です.

審美歯科治療では難しい歯並びの治療を行う場合、矯正治療が有効な場合があります.矯正治療の料金は通常100万円前後の料金がかかるため、矯正を諦めてしまっている方も多いのが実情です.


今回、歯並びの矯正治療を希望される方は、急速矯正治療を受けられる事を前提にモニター価格で治療を行う事ができますので、ご希望の方はご利用ください.

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

30日

審美歯科で歯並びを治す場合の注意点

八重歯など、歯茎の位置が左右で対象でない場合に審美歯科治療を行う場合は、審美歯科治療単独ではなく、部分矯正治療や歯茎の再生治療を合わせて行うことがオススメです。


詳しくは歯茎の整形・再生の項目をご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

27日

ミドルエイジにお勧めの審美歯科治療

ミドルエイジの方のお口の中は歯茎が下がってしまったりして、歯茎の位置がそろっていない問題が起こってきます.


下がってしまった歯茎に合わせて差し歯や詰め物を入れると長い歯になってしまったりして見た目が悪くなります.


ミドルエイジの方には新しい審美歯科治療法の歯茎を回復する審美歯科治療がお勧めです.

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

19日

審美歯科Blog 審美歯科をお勧めしないケース

審美歯科治療を行った場合に良い結果が得られないと考えられるケースがあります。


例えば、噛み合わせやあごの骨の位置が悪い場合は審美歯科治療が向かない場合もあります。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

16日

前歯だけでも短期間にきれいにしたい場合の審美歯科治療

あなたは前歯の歯並びをすぐにでも直したいとお考えですか?


急に海外に行くことになったのだけど、歯並びが悪いのは仕事上も良くないのではないかとお考えの場合など、短期間に歯並びを治す必要がある場合などもあります。


前歯の見た目が気になっているけど、海外に行くまで時間がない場合や行事までの期間がない場合に、前歯の審美歯科治療が有効のことがあります。

 

今回は前歯の歯並びを気にされている方の治療例のご紹介です。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

15日

歯の真ん中をそろえたい方の審美歯科治療

前歯が傾いてしまっている場合、歯の真ん中が上下でずれてしまいますので、特に気になってしまう事が多いようです.


歯の傾きや歯の真ん中がずれてしまった場合は、矯正治療を行う事でも治せますが,歯の大きさも調整したい場合や、歯に詰め物などが多くて色がまちまちの場合など、前歯全体的にきれいに見えるようにしたい場合は、審美歯科治療が有効です.



続きを読む 0 コメント

2017年

9月

12日

審美歯科で左右の歯並びを揃える方法

前歯の歯並びがでこぼこで歯茎の位置が左右で揃っていない場合は、歯茎の再生・整形を行うことで歯並びを良くすることができます。


前歯の歯並びや、歯の形を治したい場合、上の歯は目立つので審美歯科で治療を行い、下の歯の歯並びは部分矯正で治療を行う場合があります.歯並びがでこぼこの場合、上の歯並びだけ直そうとしても下の歯がぶつかってしまい並べられない場合があります。そのため、上の歯並びを改善するために下の歯並びもよくします。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

05日

審美歯科ではお勧めしない歯並び治療

前歯の歯並びを審美歯科で治療したいと希望される方の中には審美歯科治療が向かない歯並びがあります。


お写真のように反対咬合(いわゆる受け口)の噛み合わせの場合、審美歯科治療で治されるより矯正治療で改善される事をお勧めしております.これは顎の大きさが上下で異なるため、審美歯科で治療をした場合、前歯が少し出っ歯になってしまうと言う問題が生じてしまいます。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

02日

歯のねじれを整える部分矯正治療

上の歯の歯並びを治す場合に、下の前歯の歯並びをきれいに並べた方が良い場合があります.

下の前歯だけの部分矯正治療も行っております.

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

01日

上の前歯の審美歯科治療をする際に噛み合わせに注意

出っ歯な方の場合などで、上の歯が出ていたり歯並びが悪い原因が下の前歯であることがあります。


そのため、上の前歯の歯並びを治す際に、下の前歯の歯並びを合わせて直す必要がある場合があります。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

31日

前歯の歯並びを治す場合に部分矯正治療は検討されましたか?

歯並びの少しの凸凹のある方は多いのですが、そんな少しの凸凹をきれいに並べたいとお考えの方にお勧めする方法の一つに部分矯正法という方法があります。

 

部分矯正法は、奥歯の歯並びがそれほど問題ない方の前歯の歯並びだけを治すときに行うことがあります。前歯だけに装置を付けて歯を並べていきます。通常歯の入り込むスペースがないために歯と歯の間の部分をストリッピングという方法で形を整えて歯を並べます。

 

通常の部分矯正は6か月ほどで終わりますし、スピード矯正法で3か月ほどで終わらせることも可能です。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

28日

審美歯科ブログ 出っ歯の審美歯科治療

前歯2本だけが前に出ている出っ歯の方がよくいらっしゃいます。

 

前歯2本だけを治療してひっこめたいと希望されることが多いのですが、かみ合わせの関係で下の歯も引込めないと上の歯が下の歯にぶつかって引っ込まないことがあります。

 

そのため、出っ歯の治療は上下で治すことが多くなります。歯の厚みが厚い方や、下の歯を少し削って調整することで治さなくて済む場合もあります。

 

審美歯科治療では、歯の引っ込み具合とかみ合わせを仮歯で確認していただきます。見た目の問題も、かみ合わせのあたりも問題ないのを確認して最終的なセラミック治療に入ります。

 

出っ歯の審美歯科治療は、通常3~5回の治療で終わります。3月は卒業式や入学式に間に合わせたい方も多いのでなるべくお早めにお越しください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

24日

審美歯科Blog 歯並びと歯の大きさを審美的に治したケース

歯のねじれや大きさを変えて歯並びを良く見せるのであれば審美歯科が有効な場合があります。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

21日

歯茎の再生をしないで審美歯科を行ったケース

従来の方法で審美歯科治療を行った場合,歯茎の位置が変更できないため,歯並びは良くなるけど歯の長さが調整できないという問題が起こってしまいます。

そのため、歯茎の位置が左右でそろっていない方は歯ぐきの再生治療・整形治療で歯茎の位置を整えてから審美歯科治療を行う事をお勧めしております.

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

16日

オールセラミックの長さや角度はある程度調整できます。

一概にオールセラミック治療と言っても予想外の仕上がりになってしまうことがあります。例えば、最近だとオールセラミックの透明感を強くしたいと言ったら、透明すぎて黒く見えてしまったり、歯の長さが短すぎたり、出っ歯な角度に歯が入ってしまったりと言ったことがあるようです。

 

今回は、オールセラミックを入れたけど、見た目が悪いのでやり直したいといわれたケースの治療例をご紹介いたします。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

15日

審美歯科で失敗したと思わないように 〜歯並びを審美歯科で治す場合の注意〜

歯並びを審美歯科で治療する場合、注意しないと後でこんなはずじゃなかった・・ということになってしまうことがあります。特に前歯が1本飛び出して出っ歯に見えてしまう方の審美歯科治療をする場合、要注意です。

 

次のお写真をご覧いただきたいのですが、典型的な出っ歯の審美歯科治療の失敗例です。

 

どういうことかというと、確かに歯並びは良くなっていますが、歯の長さが左右で不揃いになってしまっています。特にもともと出っ歯だった歯の長さが長くなってしまっています。

 

出っ歯であった歯は前に出ているだけでなく、歯茎の位置が上に位置している場合が多く歯茎の位置をそのままにしてオールセラミック治療を行うと出っ歯であった部分の歯が非常に長くなってしまいます。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

12日

前歯の歯並びは、審美歯科で治ることがあります。

前歯の歯並びを治す場合、矯正治療で治すのが一般的かと思いますが、何年も矯正装置をつけたくない、料金も高いなどの理由で、矯正治療をしたくないという方もいらっしゃいます。

 

ほんの少しの歯並びの改善であれば、審美歯科治療で治せる場合もあります。短期間に終わりますし、治療中も装置が入ったりしませんので生活に支障はほぼありません。また、歯の色自体が綺麗になりますので、見た目も綺麗になります。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

04日

審美歯科治療を検討中の方へ

歯並びを審美歯科治療で並べようとされている方は、よく調べてから審美歯科治療を進めることをお勧めしております。

 

通常、歯並びが悪い方の場合、歯茎の位置が左右で対象でない場合が多いのですが、歯茎の位置を考えずに審美歯科治療を行うと、歯の長さが不揃いな凸凹な長さの歯が入ってしまいます。

 

こういった場合は、歯茎の位置を揃えるために、歯茎の再生治療や矯正治療を行って歯茎の位置を左右で揃えることをお勧めしております。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

21日

審美歯科と歯並びについて

歯並びを審美歯科で治療される場合、すぐにオールセラミックで治すより、歯茎の位置を整えてからにした方が歯並びが綺麗に見えます。

 

歯茎の位置を整えて左右対称にするには、歯茎の再生・整形を行うか、部分矯正法を行います。(ただ、部分矯正をする場合は、審美歯科の必要がないかもしれません。)

 

今回は、前歯の差し歯の大きさ・歯並びのバランスが気になり再治療を希望される方の歯茎の位置を整えるために部分矯正を審美歯科治療前に行ったケースをご紹介いたします。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

05日

歯並びを審美歯科で変える場合の注意

前歯の歯並びを短期間に治したいとお考えの方の中には、歯の色や形なども直したいということで、審美歯科治療を選択される方も多いのではないでしょうか。

 

審美歯科治療は歯を削るから嫌というお考えの方、削らないでよいなら削らないほうをもちろんお勧めしております。ただ、虫歯が進行してしまっている場合や神経を抜いてしまっている場合、差し歯がすでに入ってしまっている場合は、審美歯科治療をお勧めすることもあります。

 

通常、部分矯正治療などを行う場合でも歯並びの悪い部分を並べるために、歯と歯の間をエナメル質の範囲で少し削ります。歯と歯の間を削り隙間を作ることででこぼこしてしまっている歯並びをまっすぐに並べることが可能になります。

 

どうしても、短期間にきれいな歯並びと白い歯にしたいという場合、審美歯科治療を行うことになることもありますが、そういった場合は、注意することもあります。ご注意ください。

それは、歯並びを審美歯科で治療する場合、きれいに並ぶ位置まで歯を削ることになります。神経のある歯では歯の位置によっては歯の神経を取り除く必要があります。

神経を取る場合は、しっかりと滅菌した状態で神経を取り除く必要があります。神経の管の中に細菌が繁殖してしまうと炎症を起こしてしまいます。

神経を取ったうえでファイバーの土台を入れる必要があります。

歯並びを審美歯科で治療するページ

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

04日

審美歯科ブログ 歯茎の黒ずみはオールセラミックでも起こるのか?

よく差し歯の歯茎が黒ずんでしまっている方がいらっしゃると思います。オールセラミックを選択される方の中に歯茎が黒ずまないようにしたいという方がいらっしゃいます。

 

オールセラミックは従来のセラミックとちがい、金属を使用しないため,歯茎が黒ずみにくいのは事実ですが,オールセラミックを使用しても歯茎が黒ずんでしまうこともあります。

 

歯茎が下がった場合と、メラニン色素で歯茎が黒い場合と金属の粉がすでに歯茎の中に入り込んでしまっている場合は、オールセラミックを使用しても歯茎が黒くなることがあります。

 

詳しい治療法は歯茎の黒ずみの治療のページをご覧ください。

 

このページでは歯茎の黒ずみの原因や治療のご説明を詳しくご紹介しております。歯茎の黒ずみの治療はしっかりと原因を確認することが重要になります。

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

03日

精密審美歯科のセラミック治療

審美歯科 セラミック
セラミック治療

精密審美歯科という言葉が最近聞かれるようになってきました。この精密審美歯科というのは、審美歯科治療を精密に行うという考えの歯医者が行っている治療です。

 

精密審美歯科治療では、必ず拡大鏡を使用して治療を行います。拡大しないと精密な治療ができないからです。拡大鏡が無くても目が良いので大丈夫だという歯医者さんがいますが、見えているものが全く違います。

 

例えば、心臓や脳の外科手術の時に、目が良いからと言って拡大鏡なしに治療されたら恐怖ではないでしょうか?より細かい部分までしっかりと目で見て確認することの重要性は今更強調する必要はないと思います。

 

精密審美歯科治療を行うことで、セラミックの歯の適合を向上させて少しでも長くセラミックを使用していただけるようにしております。

 

精密審美歯科のページ

 

セラミックによる炎症も無く3年目の状態。

前歯4本セラミック奥歯はホワイトニングを行っています。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

02日

あなたは前歯の歯並びが気になりませんか?

歯並びが個性的な場合もアクセントがあるともいえますが,歯並びがきれいになって良かったという喜びの声もいただきます.今回は、歯の大きさによる歯並びの印象を良くする審美歯科治療をご紹介いたします.

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

27日

前歯の歯並び治療は歯科矯正か審美歯科治療か

前歯の歯並びの治療は審美歯科治療と矯正治療(部分矯正治療なども含めて)に大きく分けられます。それぞれ利点や欠点があります。

 

前歯の歯並びが悪いということで矯正の専門医のところに相談に行かれると間違いなく奥歯を含めた全体的な矯正治療を進められるでしょう。確かに前歯の歯並びが悪い場合は奥歯が完全に並んでいないケースのほうが多いので、良いことではあります。

 

ただ、前歯だけの歯並びを治したいという方にとって、全体に矯正治療を行って100万円近い費用をお支払いになり、2~3年の治療期間がかかる矯正治療を矯正専門医のところで行うことに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

 

結婚式や卒業式が近い場合など、早く治したいときなどは特にほかの方法がないかとお考えになるのではないでしょうか?

 

そんな要求にお答えした治療法が、部分矯正法や審美歯科治療となります。ほんの少しのデコボコやねじれのある前歯は部分矯正治療や審美歯科治療によって比較的安いコストで、短期間に治療を終えることができます。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

24日

審美歯科ブログ 簡単な歯並びの修正には部分矯正という方法があります。

歯並びの少しの凸凹のある方は多いのですが、そんな少しの凸凹をきれいに並べたいとお考えの方にお勧めする方法の一つに部分矯正法という方法があります。

 

部分矯正法は、奥歯の歯並びがそれほど問題ない方の前歯の歯並びだけを治すときに行うことがあります。前歯だけに装置を付けて歯を並べていきます。通常歯の入り込むスペースがないために歯と歯の間の部分をストリッピングという方法で形を整えて歯を並べます。

 

通常の部分矯正は6か月ほどで終わりますし、スピード矯正法で3か月ほどで終わらせることも可能です。

続きを読む 0 コメント

歯並びのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

メール問い合わせ