ブログカテゴリ:セラミックの失敗



審美歯科と歯茎 · 30日 1月 2020
四角い前歯 歯茎の整形治療前
審美歯科で前歯を治す場合、どの程度の長さが綺麗なのか考える必要が有ります。 小さい歯を好まれる方が比較的多いようですが、小さすぎるのも違和感を感じてしまうと思います。
セラミックの色 · 24日 1月 2020
歯の色の確認
審美歯科治療では、オールセラミックの色合いを周囲の歯に合わせる用に色を調整します。 歯の表面にいろいろな模様を付ける事で、周囲の歯になじんだオールセラミックが出来ます.審美歯科治療では色の調整を行いますが,元々の歯の状態が特徴的な場合は調整が大変な場合もあります.
歯茎の黒ずみ · 22日 1月 2020
歯茎の黒ずみの治療
差し歯の歯茎が黒い場合、差し歯を削るときに出た金属の粉が、歯茎の内部に入り込んでしまっている場合があります。 歯科では、メタルタトウーと言っています。
審美歯科と歯茎 · 21日 1月 2020
セラミックの失敗
審美歯科治療後に、数年経ってから歯茎が黒くなってしまうことがあります。 時間がすこしたってから歯茎が黒くなるケースの多くは歯茎が下がってしまうことが原因です。せっかくセラミックを入れたのに見た目が悪いと感じてしまいます。 セラミックの適合が悪いケースは再度作り直しになってしまいますが、適合が良い場合は、歯茎だけを再生させることで歯茎の黒ずみを取ることができる場合があります。
セラミックの色 · 15日 1月 2020
セラミックの歯の色
セラミックの色が周囲の歯と合わないということはありませんか? 特に前歯の審美歯科治療では、セラミックの色合いが重要になります。歯の透明感や透け具合、色合い、明るさなど色に関してはいろいろなことを決める必要があります。
オールセラミック · 10日 1月 2020
審美歯科治療を行う際には、オールセラミックの歯のの色合いと透明感を調整する必要があります。 お口の中に実際入れて試適した状態でお写真をお取りして色合いや透明感の確認を行います。色合いや透明感が周囲の歯と調和しない場合はもう一度お預かりして調整を行います。
オールセラミック失敗 · 05日 1月 2020
セラミックの歯の形に関する失敗 セラミック治療を行って歯を作成する時、典型的な歯の形と言うものがあります.歯の形の基準から外れている形を希望される場合は、形を決める基準がないため,形を作るのが難しくなります.お話し合いの上で形を決めていく必要があります.セラミックで失敗しないためにはご希望の形が具体的になっている必要があります。
審美歯科と歯茎 · 30日 12月 2019
セラミックの歯茎が下がる
セラミックの歯茎が下がってしまった場合どうされますか? 通常の審美歯科の治療ではオールセラミックを交換するだけの治療となります.そのため、歯の長さが左右でちがってしまったりしばらくしてまた歯茎が下がってしまうという問題がおこってしまいます. 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる事を考える必要があります. セラミックの歯茎が下がってしまったときの審美歯科治療をご紹介いたします.
歯の形 · 28日 12月 2019
審美歯科の失敗
差し歯を何年も前に入れた場合、周りの歯が長くなるのに合わせて長い差し歯になってきていませんか? 当院では、多くの審美歯科で難しい・できないと言われて、治せる病院を探されていた患者様の差し歯の長さを短くする治療でご好評いただいております。 長い差し歯の治療を希望されている方は、こちらをご覧ください。
審美歯科 · 21日 12月 2019
左右の長さを揃える審美歯科治療
審美歯科というと、単に虫歯の歯をセラミックの歯で直したり、差し歯がかけたり膿が出てやり直す際に、オールセラミックという素材でやり直すだけでは、自然な見た目にはなりません。 せっかく新しくしたオールセラミックの長さが左右でちがっていたりすると、せっかく直したのに物足りない感じになってしまうかもしれません。 審美歯科治療を行う際には、オールセラミックの長さや形を調整することで、見た目をより良いものにすることができます。

さらに表示する