カテゴリ:セラミックの失敗



審美歯科と歯茎 · 23日 10月 2020
セラミックの差し歯の歯茎が下がってしまう事があります.
セラミックを入れた後に歯茎が下がってしまっていませんか? セラミックの歯茎が下がるってどういうことって思われるかもしれませんが、セラミックの歯の歯茎との境界が見えてきてしまう事があるのです。 歯の根っこが見えることと、少し色が違う場合が多く見た目に目立ってしまう場合もあります。 そこで、今回ご紹介するのは、セラミックの歯茎が下がってしまった時の治療法です。
審美歯科 · 21日 10月 2020
左右の長さを揃える審美歯科治療
審美歯科というと、単に虫歯の歯をセラミックの歯で直したり、差し歯がかけたり膿が出てやり直す際に、オールセラミックという素材でやり直すだけでは、自然な見た目にはなりません。 せっかく新しくしたオールセラミックの長さが左右でちがっていたりすると、せっかく直したのに物足りない感じになってしまうかもしれません。 審美歯科治療を行う際には、オールセラミックの長さや形を調整することで、見た目をより良いものにすることができます。
セラミックの色 · 20日 10月 2020
差し歯の色合わせ
審美歯科治療を行う際に、歯の色をお写真で確認してますか? 審美歯科治療では、オールセラミックの色を合わせるために、きれいなお写真をお取りすることが大切です。 差し歯の色が気になってオールセラミックで治療をお考えの方は、ご相談ください。
審美歯科と歯茎 · 19日 10月 2020
歯並びを審美歯科で治療
斜めになっている歯をまっすぐに見せたくて、審美歯科治療を希望される方の注意があります。 それは、前歯の歯並びをそろえるためには単に歯並びを並べても歯の長さが変わってしまってきれいに見えない場合があります。 歯の長さをそろえたいのであれば、審美歯科で歯並びを治す場合はまず歯茎の再生・整形を考える必要がある場合があります。
精密な治療 · 18日 10月 2020
審美歯科治療後数年して歯茎が下がってしまう事があります.歯茎が下がってしまうと歯とセラミックの境界が露出してしまう事があります。 セラミックの歯茎が下がってしまった時にセラミックの再治療が必要かそのまま歯茎だけの治療で済むかは、セラミックの適合によります. セラミックと歯の間に隙間が大きい場合は、虫歯などになってしまっている場合が多く、セラミックをやり直す事になります.セラミックと歯の適合が良い場合は、下がった歯茎を歯ぐきの再生治療にてセラミックを外さずに回復させる事が可能になります. セラミックの歯茎が下がってしまう事がありますので、そういった場合のリペアが出来ると言う事はセラミックを長持ちさせる事になります.
審美歯科と歯茎 · 16日 10月 2020
審美歯科
歯茎の位置を変えずに入れた差し歯の大きさが異様に小さいという審美歯科の失敗ケースがあります。 歯の大きさが小さすぎても見た目に違和感がありますので、歯茎の整形によって平均的な大きさの歯が入るように調整します。 歯茎の整形処置は簡単な外科処置になります。お痛みはほぼ無く痛み止めを術後に飲まなくて良い場合もあります。
歯茎が黒い · 13日 10月 2020
審美歯科治療後の歯茎が下がってしまったケース
オールセラミックの再治療を行う理由で一番の理由が歯茎が下がってしまって歯茎が黒くなってしまう事です. せっかく審美歯科治療を行ってきれいな自慢できるオールセラミックがお口の中に入っても、しばらくして歯茎が下がってしまっては、見た目がひどい事になってしまいます。 知らなきゃ損をする話ですが,オールセラミック治療を行う際には歯茎が下がりにくいように歯茎の再生治療を合わせて行う事で、歯茎が下がりにくくオールセラミックが長持ちします.オールセラミック以上に歯茎の状態を気にされる必要があります.
審美歯科と歯茎 · 08日 10月 2020
セラミック
審美歯科治療は何年かに一度大きな変化があります。 10年ほど前に、ホワイトニングの大流行、オールセラミックという金属を使用しない素材への大変換などが起こりました。 そして、現在10年ほど前にオールセラミック治療を行った方の歯茎が下がり始めて対処法を求める方が大勢出てきています。 新しい審美歯科治療では下がった歯茎を再生させて見た目を改善させます。
出っ歯 · 07日 10月 2020
審美歯科と噛み合わせ
出っ歯な方の場合などで、上の歯が出ていたり歯並びが悪い原因が下の前歯であることがあります。 そのため、上の前歯の歯並びを治す際に、下の前歯の歯並びを合わせて直す必要がある場合があります。
歯の形 · 06日 10月 2020
歯茎の整形治療
前歯の差し歯の治療の際、歯の長さが短く小さい場合があります。 こういった場合の改善方法は、歯茎の位置を周囲の歯と調和させてから審美歯科治療を行うことで、見た目を改善することができます。(さらに改善したい場合は矯正治療が必要となる場合もあります) それほど期間がかからずに差し歯の長さを改善する歯茎の整形治療をご紹介いたします。

さらに表示する