ブログカテゴリ:前歯の審美歯科



審美歯科 · 24日 1月 2020
スタンダードオールセラミック
今、差し歯を治したいとお考えの方は、ジルコニアを使用したオールセラミックが金属を使用しないため、透明感があり、また、強度も金属と同じくらいあるといわれていますので、良いでしょう。 ジルコニアのフレームを使用したオールセラミックは、従来の差し歯に比べて、透明感のある自然な感じにしやすいセラミックです。 白くて綺麗な歯にしたいという場合は、ある程度の範囲のセラミックを入れることで、周囲の歯の色を気にせず白い歯を入れても大丈夫な場合もあります。
ホワイトニング · 24日 1月 2020
古い差し歯
あなたの前歯が古くなってしまった差し歯が入っている場合、ホワイトニングとオールセラミックで口元を綺麗に明るくすることができます。
歯茎の黒ずみ · 22日 1月 2020
歯茎の黒ずみの治療
差し歯の歯茎が黒い場合、差し歯を削るときに出た金属の粉が、歯茎の内部に入り込んでしまっている場合があります。 歯科では、メタルタトウーと言っています。
出っ歯 · 19日 1月 2020
セラミックが出っ歯な感じ
前歯のセラミック治療を行ったのに出っ歯な感じになってしまってお悩みでは無いでしょうか? 少し下の顎が出ている方が歯並びを改善するために上の前歯の神経を抜いて審美歯科でセラミック治療した場合,前歯に角度がついてしまって出っ歯に見えてしまう事があります. 前歯に角度がついている上、歯の長さが短く出来てしまうために幅の広い形のセラミックになってしまいます. 上下の骨格の状態によって治療法が異なりますが,軽度に下あごが出ている場合は歯茎の整形治療を行ってから審美歯科治療をする事で、比較的きれいなセラミックができます. 同じようなケースの御相談がありますのでご紹介いたします
歯がボロボロ · 19日 1月 2020
歯がボロボロ
あなたの歯がボロボロでも審美歯科では比較的短期間に治療を行うことができます。 ただ、歯茎の腫れや虫歯にならないように今後は予防しようという気持ちも必要です。
審美歯科 · 18日 1月 2020
オールセラミック
審美歯科の治療例のページではいろいろなパターンの治療例を紹介させて頂いております. あなたの希望される治療と似たような歯の審美歯科治療をしているというケースがきっとあると思います。
審美歯科と歯茎 · 16日 1月 2020
歯茎の審美歯科
歯の形や色の白さについで気になるのが歯茎の状態です. 審美歯科治療といってもセラミックを作るだけが審美歯科ではなく、歯茎の見た目をきれいにする事も審美歯科治療として行います.歯茎が下がってしまった場合に、歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行いますが,見た目を審美的に行う事ができる場合があります.
歯茎が黒い · 16日 1月 2020
歯茎の黒ずみ
歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。 お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。 このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。
セラミックの色 · 15日 1月 2020
セラミックの歯の色
セラミックの色が周囲の歯と合わないということはありませんか? 特に前歯の審美歯科治療では、セラミックの色合いが重要になります。歯の透明感や透け具合、色合い、明るさなど色に関してはいろいろなことを決める必要があります。
セラミックの色 · 14日 1月 2020
セラミックの色
審美歯科で、歯の色を見るとき、参考にする色見本が必要です。 より近い色見本と合わせて写真を撮ることによって、審美的なセラミックを作ることが可能になります。

さらに表示する