ブログカテゴリ:審美歯科のご質問



歯がボロボロ · 25日 6月 2019
歯がボロボロ
あなたの歯がボロボロでも審美歯科では比較的短期間に治療を行うことができます。 ただ、歯茎の腫れや虫歯にならないように今後は予防しようという気持ちも必要です。
メンテナンス · 24日 6月 2019
審美歯科治療後のメンテナンス方法
オールセラミックで審美歯科治療を行って歯がきれいになったら満足ですね. ただ、治療が終わった事で安心して歯ブラシなどのケアをなまけてしまう方も中にはいらっしゃいます. オールセラミックを含めて歯茎が腫れてしまった、歯茎が下がってしまった、セラミックの色がくすんでしまったなど、しっかりとお掃除をしておけば起きない問題を抱えてご来院される方も何割かの割合でいらっしゃいます.
審美歯科 · 23日 6月 2019
ラミネートベニアの場合,仮歯の調整が通常の差し歯と異なり接着するタイプの仮歯となります. 変色している場合など、仮歯の厚みを調整する場合もあります.
セラミックの色 · 21日 6月 2019
歯の色の確認
審美歯科治療では、オールセラミックの色合いを周囲の歯に合わせる用に色を調整します。 歯の表面にいろいろな模様を付ける事で、周囲の歯になじんだオールセラミックが出来ます.審美歯科治療では色の調整を行いますが,元々の歯の状態が特徴的な場合は調整が大変な場合もあります.
審美歯科と歯茎 · 21日 6月 2019
歯茎の審美歯科
歯の形や色の白さについで気になるのが歯茎の状態です. 審美歯科治療といってもセラミックを作るだけが審美歯科ではなく、歯茎の見た目をきれいにする事も審美歯科治療として行います.歯茎が下がってしまった場合に、歯茎を回復させる歯茎の再生治療を行いますが,見た目を審美的に行う事ができる場合があります.
メンテナンス · 21日 6月 2019
セラミックについた渋
セラミックは通常、天然の歯より汚れがつきにくいのですが,人によってはセラミックの表面に汚れがついてしまう事があります. 目に見えない、気づかない汚れでも、セラミックの変色の原因になってしまいますので、定期的にはセラミックのクリーニングをする事をお勧めしております。 お写真の方の前歯はセラミック治療が行われていますが,天然の歯と同様に渋がついてしまっています.渋は取り除いておかないと変色の原因となってしまいます.
オールセラミック · 19日 6月 2019
当院では、どこまでこだわったセラミックが必要かによって、オールセラミックのグレードを分けさせて頂いております. こだわりたい方、こだわりたくない方の料金が一律でしたら、こだわらなくても良い方が損してしまいます。また、こだわりたい方にはご不満が出てしまいます。そのため、当院では、オールセラミックのニーズに合わせてセラミックのグレードを5つに分けて用意させて頂いております. 今回は、スタンダードオールセラミックを紹介させて頂きます.
審美歯科と歯茎 · 19日 6月 2019
歯茎が下がって長くなってしまう
歯茎が下がってしまった場合の審美歯科治療のご紹介です。 歯茎が下がってしまった方の審美歯科は通常の審美歯科治療だけでは、見た目の改善が難しいため、歯茎の回復をセラミック治療と合わせて行います。 1~2ミリの改善で、歯の大きさや形のバランスが大きく変わります。歯茎が下がってしまったまま通常の審美歯科治療をお行うと長い歯になってしまいます。
審美歯科 · 18日 6月 2019
拡大鏡
審美歯科治療を行う場合、細かいことよりも目で見てわかることを治してもらえばよいとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、細かい部分をしっかりと治療しなくては歯茎が腫れたり、下がったりする問題が早い段階で起こってしまうかもしれません。 細かい部分の治療を行うために、審美歯科治療には拡大鏡が必要になります
仮歯 · 17日 6月 2019
審美歯科の仮歯の調整
審美歯科治療を行う場合,最終的なオールセラミックの形をどうするか仮歯の段階で打ち合わせをする必要があります. 歯の長さや形は噛み合わせによって制限がありますが,歯の丸みや色、歯の幅、角度など調整する必要がある項目がいくつもあります.仮歯の段階で打ち合わせをして,気に入った形にしておかないとオールセラミックをお作りした時に修正が大変になります.

さらに表示する