· 

審美歯科ブログ セラミックのメンテナンスは重要です.

オールセラミック入れた後も定期的なメンテナンスが必要です。

 

汚れてしまったブランドもののバックや高級車を見て、魅力的に感じないように、せっかく高額な費用をかけて作成したオールセラミックも 表面に汚れや、着色がついてしまっていては良いものとは感じられなくなてしまいます。

 

オールセラミック治療をされた方は、定期的にメンテナンスで歯の表面の色素を取り除く必要があります。

 

通常は、6ヶ月に1度のご来院をいただいております。汚れが付きやすい方は3ヶ月に1度、や特にひどい方は1ヶ月に一度ご来院いただいております。汚れがつきにくい方は1年に一度、レントゲン検査も合わせて確認とクリーニングにお越しいただいております。

 

歯のクリーニングですが、単に荒い磨粉でオールセラミックの表面をこすって色素を落とすと、オールセラミックの表面が傷ついてしまい、つや消しをしたように光沢がなくなってしまいますので要注意です。

 

そのため、メンテナンスをされるなら、しっかりと審美歯科治療を行っている病院で歯科衛生士さんにクリーニングをしてもらうか、当院にご来院いただいてしっかりとメンテナンスをすることをお勧めします。雑なメンテナンスはオールセラミックを傷つけてしまうからです。

 

費用は、保険外診療のため、クリーニングは通常¥5,000ー(税別)の費用をご負担いただいております。その分丁寧にメンテナンスをさせて頂きます。

ただし、そのほかの歯の歯周病の治療をする際などには保険が効く場合もあります。


オールセラミックはメンテナンスをすることでより長持ちをします。

セラミックを定期的にメンテナンス
セラミックを定期的にメンテナンス

 

セラミックを定期的にメンテナンスする事で、歯を綺麗に保てます。

 

お写真では、セラミックの歯をほぼきれいに磨けていますし、綺麗な状態を保っています。歯茎の腫れもありません。

 

こういった場合は、セラミック以外の磨けていない部分の磨けていない部分のクリーニングを行います。場合によっては1年に1度のメンテナンスでも大丈夫です。

 

 

メンテナンスの際は、セラミックを磨く歯ブラシの強さも確認しております。お写真では、磨き方は適切のようで歯茎がこすれてはいません。人によってはこすりすぎて歯茎が下がってしまったり、歯茎が擦れてしまっていることもあります。

 

審美歯科のメンテナンスに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

審美歯科のメンテナンスページ

 

また、ただいま審美歯科治療を希望される方に対して無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。