ブログカテゴリ:審美歯科治療の流れ



歯茎の黒ずみ · 17日 10月 2019
オールセラミックは金属を使用しないセラミックですので、歯茎が黒ずみにくいのですが、すでに差し歯が入っている方の歯茎の黒ずみは、金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなってしまっている場合があります。
仮歯 · 16日 10月 2019
前歯の仮歯
歯周病の方の治療を行なっている場合などは、仮歯の期間が長くなることがあります。 仮歯は天然の歯に比べて汚れがつきやすいため、なるべく短期間に最終的な歯にするようにはさせていただいております。
仮歯 · 15日 10月 2019
審美歯科治療を行う上で欠かせないのが仮歯の修正です。 仮歯の形が悪いと最終的なセラミックは仮歯に近いものになってしまうことがあります。 仮歯だからいいか。と考えていると最終的なセラミックの形も満足いかない場合があります。
メンテナンス · 12日 10月 2019
セラミックを定期的にメンテナンス
オールセラミック入れた後も定期的なメンテナンスが必要です。 汚れてしまったブランドもののバックや高級車を見て、魅力的に感じないように、せっかく高額な費用をかけて作成したオールセラミックも 表面に汚れや、着色がついてしまっていては良いものとは感じられなくなてしまいます。
ラミネートべニア · 11日 10月 2019
ラミネートべニア
前歯の変色を気にされて漂白を行いましたが、完全には色が合いませんでしたので、ラミネートベニアにて歯の色を合わせます. ラミネートべニアは歯の表面を数ミリだけ削って歯の形や色を変える方法です。通常のオールセラミックの差し歯は歯を一周丸く削って歯を入れますので、ラミネートべニアは歯を削る量が少なく歯によい場合もあります。
歯の形 · 11日 10月 2019
前歯の形を決める時、どのような形に治すかは悩む所かと思います. 特に歯並びが悪い場合に治療する場合は、あらかじめ最終的なセラミックの形の参考になるものを削る前に知っておきたい場合もあるかと思います. そういった場合に、歯の模型上で歯の形の参考の形を作る事が可能です.
審美歯科 · 10日 10月 2019
歯並びと唇
前歯の歯並びを審美歯科治療で治す場合は、歯の長さや位置を唇の位置との関係で判断します. 歯並びと唇の関係に関してのご説明です. 歯並びと唇の位置関係ってどういうことですか? 笑った時に、下唇の赤い部分の上の線と、上の歯の先端の位置を奥歯まで結んだ線の関係を審美歯科では評価しております。 審美歯科では、唇と歯の先端のラインがほぼ平行にするような治療をおススメしております。
オールセラミック · 10日 10月 2019
審美歯科のメンテナンス
あなたはオールセラミックを入れ終わって満足してしまっていませんか? 審美歯科治療が終了してセラミックもきれいに入った場合それで治療は終わりですが,審美歯科治療の結果を維持するためにはメンテナンスが必要です
ホワイトニング · 08日 10月 2019
古い差し歯
あなたの前歯が古くなってしまった差し歯が入っている場合、ホワイトニングとオールセラミックで口元を綺麗に明るくすることができます。
審美歯科と歯茎 · 08日 10月 2019
歯茎の形と審美歯科
審美歯科治療を行う際に、歯茎の位置が歯の長さを決める原因になります。歯ぐきの位置を整える事で歯の見た目がよくなります。 例えば、下がってしまった歯茎を、歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎を元の位置まで回復しただけで、歯の形が審美的なものになります。 これは、歯茎の位置が下がってしまったために歯の形が長くなりバランスが悪くなるためです。 審美歯科治療をそのままの歯茎の位置で行ってしまうケースをよくお見かけしますが、歯ぐきの再生治療を審美歯科と合わせて行う事で、歯の長さを揃えることができます。.

さらに表示する