ブログカテゴリ:神田ふくしま歯科



審美歯科と歯茎 · 09日 12月 2019
差し歯にした前歯の長さが短い。もともと出っ歯だったのを差し歯で並べたのだけど、歯の長さが短くなってしまった。見た目を良くしたいということでお悩みの方に朗報です。 歯の長さを綺麗に左右で揃える歯茎の審美歯科治療のご紹介をいたします。具体的には歯茎の再生・歯茎の整形によって前歯の歯茎の長さを左右で揃えていきます。
噛みあわせ · 05日 12月 2019
審美歯科と噛み合わせ
八重歯など、歯茎の位置が左右で対象でない場合に審美歯科治療を行う場合は、審美歯科治療単独ではなく、部分矯正治療や歯茎の再生治療を合わせて行うことがオススメです。 詳しくは歯茎の整形・再生の項目をご覧ください。
ホワイトニング · 04日 12月 2019
以前にホワイトニングをしたらしみてしまって、できなかったということはございませんか? ホワイトニングでしみてしまう方が、数十パーセントの割合でいらっしゃるようです。使用するホワイトニングの種類によってしみ具合が変わります。 例えば、当院で使用する、ホームホワイトニングを始めた時に歯がしみる症状が出る場合があります。 しみる場所は、歯の先端か、歯の付け根など、歯が削れてしまっているときに起こりやすいです。
歯並び · 03日 12月 2019
歯並び治療
上の歯の歯並びを治す場合に、下の前歯の歯並びをきれいに並べた方が良い場合があります. 下の前歯だけの部分矯正治療も行っております.
歯周病と審美歯科 · 02日 12月 2019
歯周病と仮歯
歯周病の方の前歯は年々前に出っ歯になってしまう傾向があります。 これは、歯を支えている骨が溶けてしまうことで、歯が動きやすくなってしまうことが原因になります。 歯周病の進行してしまった場合は、歯周病の治療に合わせて歯の揺れを止める処置が必要になります。その上で見た目を良くするために審美歯科治療を行います。
歯並び · 02日 12月 2019
歯並びの少しの凸凹のある方は多いのですが、そんな少しの凸凹をきれいに並べたいとお考えの方にお勧めする方法の一つに部分矯正法という方法があります。 部分矯正法は、奥歯の歯並びがそれほど問題ない方の前歯の歯並びだけを治すときに行うことがあります。前歯だけに装置を付けて歯を並べていきます。通常歯の入り込むスペースがないために歯と歯の間の部分をストリッピングという方法で形を整えて歯を並べます。 通常の部分矯正は6か月ほどで終わりますし、スピード矯正法で3か月ほどで終わらせることも可能です。
審美歯科と歯茎 · 29日 11月 2019
セラミック
審美歯科治療は何年かに一度大きな変化があります。 10年ほど前に、ホワイトニングの大流行、オールセラミックという金属を使用しない素材への大変換などが起こりました。 そして、現在10年ほど前にオールセラミック治療を行った方の歯茎が下がり始めて対処法を求める方が大勢出てきています。 新しい審美歯科治療では下がった歯茎を再生させて見た目を改善させます。
出っ歯 · 28日 11月 2019
出っ歯の治療を審美歯科で考える場合、歯の角度と歯と歯茎の付け根の部分の出っ張り具合を考えて治療を計画します。 歯の角度が出ていて下の歯の噛み合わせがきれいな場合上の出ている歯を審美歯科治療で治すのはすぐに終わります.2回から3回で終わる事がほとんどです.
審美歯科と歯茎 · 27日 11月 2019
歯茎の再生治療
審美歯科治療の場合,どこまで治療が可能かより,どこまで気にするかという事が治療の難易度を決める場合があります. 歯茎の位置を微調整する為に歯ぐきの再生治療を行ったケース
オールセラミック · 26日 11月 2019
オールセラミックと保険の差し歯のちがい
いわゆる、健康保険の適応の差し歯とオールセラミックはどのようにちがうのかわからないという方も多いかと思います。今回は、保険適応の金属を使用した差し歯と金属を使用しないオールセラミックのちがいについてのご説明をさせていただきます。 保険適応の差し歯の場合、金属のフレームの上に白いプラスティックのようなものを重ねて作ります。金属のフレームが透けて見えないようにするために、1層不透明なペンキのようなものを塗り、その上に白いプラスティックを重ねます。光が完全に通らないのもあり、歯の色が不透明になります。 オールセラミックは、金属を使用しないために、透明感を調整することができます。

さらに表示する