ブログカテゴリ:神田ふくしま歯科



メンテナンス · 12日 10月 2019
セラミックを定期的にメンテナンス
オールセラミック入れた後も定期的なメンテナンスが必要です。 汚れてしまったブランドもののバックや高級車を見て、魅力的に感じないように、せっかく高額な費用をかけて作成したオールセラミックも 表面に汚れや、着色がついてしまっていては良いものとは感じられなくなてしまいます。
歯茎の黒ずみ · 12日 10月 2019
歯茎の黒ずみ
歯茎の黒ずみの原因の一つに歯茎の退縮があります。はぐきが退縮して歯茎が下がってしまうと、歯の根っこが露出します。神経の生きている歯の場合知覚過敏が起きたりしますし、神経をとった歯でしたら見た目が黒く見える場合があります。 歯の神経を抜いた歯は時間とともに変色して黒くなる場合があります。そのため、歯ぐきが下がると差し歯と歯茎の付け根が黒く見えてしまいます。また、従来の差し歯を使用されている場合、色の透明感が少ないため、色の段差がはっきりとしてしまいますのでより黒さが目立ってしまいます。
審美歯科と歯茎 · 12日 10月 2019
四角い前歯 歯茎の整形治療前
審美歯科で前歯を治す場合、どの程度の長さが綺麗なのか考える必要が有ります。 小さい歯を好まれる方が比較的多いようですが、小さすぎるのも違和感を感じてしまうと思います。
オールセラミック失敗 · 11日 10月 2019
治療1回目の状態
前歯の歯並びがでこぼこで歯茎の位置が左右で揃っていない場合は、歯茎の再生・整形を行うことで歯並びを良くすることができます。 前歯の歯並びや、歯の形を治したい場合、上の歯は目立つので審美歯科で治療を行い、下の歯の歯並びは部分矯正で治療を行う場合があります.歯並びがでこぼこの場合、上の歯並びだけ直そうとしても下の歯がぶつかってしまい並べられない場合があります。そのため、上の歯並びを改善するために下の歯並びもよくします。
歯茎の黒ずみ · 10日 10月 2019
あなたは歯茎の黒ずみでお悩みではありませんか? 多くの歯科医院で治せない歯茎の黒ずみの原因に、差し歯を削ったときの金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなってしまっている場合です.レーザーなどで取る事ができないため、経過を見るしかないと言われて気になるけど諦めている方も多い様です。 笑った時に前歯の歯茎が黒いと病気のように見えてしまいますので、歯茎をきれいにする事できれいな歯と歯並びに見えます.新しい審美歯科治療では歯茎の黒ずみもきれいに治す事ができます.
オールセラミック · 06日 10月 2019
オールセラミック
従来前歯に使用していた差し歯の素材は金属の上にセラミックを接着したタイプのものを使用しておりました.そのため,光がセラミックを抜ける事がなく、不透明な感じがしてしまう場合がよくありました.この点を改善したのがオールセラミックとなります.オールセラミックは透明感を天然のものに近づけた新しいセラミックです.
オールセラミック · 05日 10月 2019
オールセラミック
差し歯の色が周りの歯と合わずに浮いたように見えてしまっていませんか?従来の差し歯では歯の輪郭がくっきりとしてしまい、周りの歯と調和していないように見えてしまっていることがあります。 前歯だけ差し歯が目立ってしまったり、歯茎が黒く見えたりするのが気になる場合は新しいセラミックのオールセラミックが有効です。
審美歯科と歯茎 · 05日 10月 2019
前歯が長い 治療前
新しい審美歯科治療では、差し歯の長さが左右でちがうのを、矯正治療なしに揃えることができます。 長くなってしまった歯を短くすることも、短い歯を長くすることも可能です。(もちろん限界はあります。)
仮歯 · 02日 10月 2019
審美歯科の仮歯
オールセラミックを入れる前に仮歯を入れて形を修正します.その段階で歯の長さが長く感じた場合は歯ぐきの再生治療を行って歯の長さを短くする事をお勧めしております.
審美歯科 · 30日 9月 2019
審美歯科で治療するケースにはパターンがあります。 歯の色や形を変えたい場合 歯並びを治したい場合 出っ歯の治療 古い差し歯の治療 変色した歯の治療 隙間を埋める治療 真ん中や歯の傾きをそろえる治療 銀歯を白くしたい 歯茎の黒ずみを消したい 前歯をきれいにしたい 歯茎の位置を揃えたい などのご希望に合わせて治療があります。詳しくは審美歯科の症例のページなどをご覧ください。

さらに表示する