ブログカテゴリ:歯茎の黒ずみ



歯茎の黒ずみ · 17日 10月 2019
オールセラミックは金属を使用しないセラミックですので、歯茎が黒ずみにくいのですが、すでに差し歯が入っている方の歯茎の黒ずみは、金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなってしまっている場合があります。
歯茎の黒ずみ · 15日 10月 2019
歯茎の黒ずみ
あなたがもしも歯茎の黒ずみを気にされている場合は審美歯科治療で対処できるかもしれません。 歯茎の黒ずみにも原因が何種類かありますが、歯茎のメラニン色素が原因の黒ずみは比較的簡単に取り除くことが可能です。 (ただし、差し歯の歯茎に沿って黒ずんでしまっている場合は、新しい審美歯科治療法が有効です。差し歯の歯茎の黒ずみに関しましては歯茎の黒ずみのページに詳しい内容を記載させていただいております。)
歯茎の黒ずみ · 12日 10月 2019
歯茎の黒ずみ
歯茎の黒ずみの原因の一つに歯茎の退縮があります。はぐきが退縮して歯茎が下がってしまうと、歯の根っこが露出します。神経の生きている歯の場合知覚過敏が起きたりしますし、神経をとった歯でしたら見た目が黒く見える場合があります。 歯の神経を抜いた歯は時間とともに変色して黒くなる場合があります。そのため、歯ぐきが下がると差し歯と歯茎の付け根が黒く見えてしまいます。また、従来の差し歯を使用されている場合、色の透明感が少ないため、色の段差がはっきりとしてしまいますのでより黒さが目立ってしまいます。
歯茎の黒ずみ · 10日 10月 2019
あなたは歯茎の黒ずみでお悩みではありませんか? 多くの歯科医院で治せない歯茎の黒ずみの原因に、差し歯を削ったときの金属の粉が歯茎に入り込んで黒くなってしまっている場合です.レーザーなどで取る事ができないため、経過を見るしかないと言われて気になるけど諦めている方も多い様です。 笑った時に前歯の歯茎が黒いと病気のように見えてしまいますので、歯茎をきれいにする事できれいな歯と歯並びに見えます.新しい審美歯科治療では歯茎の黒ずみもきれいに治す事ができます.
歯茎の黒ずみ · 06日 10月 2019
歯茎の黒ずみの治療
差し歯の歯茎が黒い場合、差し歯を削るときに出た金属の粉が、歯茎の内部に入り込んでしまっている場合があります。 歯科では、メタルタトウーと言っています。
歯茎が黒い · 01日 10月 2019
歯茎の黒ずみ
歯茎が黒ずんでしまう原因の一つに歯茎が下がってしまうということがあります。 お写真のように歯茎が下がって歯茎が黒ずんでしまう方が近年多くなってきています。 このようなケースの歯茎の黒ずみは歯茎の再生治療で対応することができますが、治療している歯科医院がそれほど多くないと言うのが現状のようです。
メンテナンス · 29日 9月 2019
セラミックについた渋
セラミックは通常、天然の歯より汚れがつきにくいのですが,人によってはセラミックの表面に汚れがついてしまう事があります. 目に見えない、気づかない汚れでも、セラミックの変色の原因になってしまいますので、定期的にはセラミックのクリーニングをする事をお勧めしております。 お写真の方の前歯はセラミック治療が行われていますが,天然の歯と同様に渋がついてしまっています.渋は取り除いておかないと変色の原因となってしまいます.
変色歯 · 27日 9月 2019
変色歯
歯の変色が濃い場合の審美歯科治療。 オールセラミックを使用する場合,色の濃い変色歯は色が透けないようにオールセラミックの透明感を調整する必要があります.透き通るようなオールセラミックでは変色した歯の色が透けて見えてしまいますし,あまりにも透明感が無いと歯の色が不自然に見えてしまいます.
審美歯科と歯茎 · 18日 9月 2019
セラミックの歯茎が下がる
セラミックの歯茎が下がってしまった場合どうされますか? 通常の審美歯科の治療ではオールセラミックを交換するだけの治療となります.そのため、歯の長さが左右でちがってしまったりしばらくしてまた歯茎が下がってしまうという問題がおこってしまいます. 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる事を考える必要があります. セラミックの歯茎が下がってしまったときの審美歯科治療をご紹介いたします.
変色歯 · 16日 9月 2019
神経のない歯 変色歯
神経の無い歯は褐色に変色してくる事が知られています。 変色しても虫歯や炎症がおこっていなければ健康被害は無いのですが,変色が前歯の場合は目立ってしまいますので、きれいに見えるようにしたいと言うご希望の方も多いと思います.今回は、変色した歯の審美歯科治療をきれいにする方法のご説明です. 前歯の神経を抜いた場合、変色してきたり炎症を起こして歯茎から膿が出てきてしまう事があります。

さらに表示する