ブログカテゴリ:審美歯科の失敗



審美歯科のQ&A · 17日 7月 2019
まずはできることとできないことを確認することが大切です。 無料カウンセリングにてご希望の治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。 審美歯科治療を始める場合、どんな感じに治療が進んでいくか気になるかと思いますので、写真を参考に治療の流れを説明させていただきます。 (歯茎の整形や歯の根っこの消毒をする場合はこの流れに追加される感じになります。)
仮歯 · 02日 7月 2019
審美歯科治療を行う上で欠かせないのが仮歯の修正です。 仮歯の形が悪いと最終的なセラミックは仮歯に近いものになってしまうことがあります。 仮歯だからいいか。と考えていると最終的なセラミックの形も満足いかない場合があります。
審美歯科と歯茎 · 17日 6月 2019
セラミックの歯茎が下がる
セラミックの歯茎が下がってしまった場合どうされますか? 通常の審美歯科の治療ではオールセラミックを交換するだけの治療となります.そのため、歯の長さが左右でちがってしまったりしばらくしてまた歯茎が下がってしまうという問題がおこってしまいます. 歯茎が下がってしまった場合は、歯茎を回復させる事を考える必要があります. セラミックの歯茎が下がってしまったときの審美歯科治療をご紹介いたします.
歯の形 · 14日 6月 2019
審美歯科の失敗
差し歯を何年も前に入れた場合、周りの歯が長くなるのに合わせて長い差し歯になってきていませんか? 当院では、多くの審美歯科で難しい・できないと言われて、治せる病院を探されていた患者様の差し歯の長さを短くする治療でご好評いただいております。 長い差し歯の治療を希望されている方は、こちらをご覧ください。
審美歯科 · 06日 6月 2019
審美歯科と歯茎の黒ずみ
審美歯科治療では、歯茎が黒く見える問題に対応しております。 歯茎が黒く見える原因の一つに、神経の無い歯の歯茎が下がってしまうことが考えられます。最近主流になっている、金属を使用しないタイプのオールセラミックを使用しても歯茎が下がってしまうと歯茎が黒く見えるようになってしまいます。
審美歯科と歯茎 · 01日 6月 2019
審美歯科の失敗
差し歯の長さが長い方の中には、歯の長さを短く改善できると考えられる場合が良く有ります。あなたが、差し歯の長さが長くて見た目に気に入らないとお考えでしたら、差し歯を短く作り直す事ができるのかも知れません。
審美歯科と歯茎 · 11日 5月 2019
歯ぐきの審美歯科治療前
差し歯が長すぎるのを気にされていませんか? 差し歯の長さは歯茎の位置で変わります.歯茎の位置が退縮してしまっている場合は、差し歯の長さが長くなってしまいます。 歯が長い場合は歯ぐきの再生治療を行うことで、歯の長さを改善することができます。
歯茎が黒い · 30日 4月 2019
審美歯科治療後の歯茎が下がってしまったケース
オールセラミックの再治療を行う理由で一番の理由が歯茎が下がってしまって歯茎が黒くなってしまう事です. せっかく審美歯科治療を行ってきれいな自慢できるオールセラミックがお口の中に入っても、しばらくして歯茎が下がってしまっては、見た目がひどい事になってしまいます。 知らなきゃ損をする話ですが,オールセラミック治療を行う際には歯茎が下がりにくいように歯茎の再生治療を合わせて行う事で、歯茎が下がりにくくオールセラミックが長持ちします.オールセラミック以上に歯茎の状態を気にされる必要があります.
歯茎の黒ずみ · 16日 4月 2019
若いうちに歯の神経を抜いて差し歯を入れた方は、歯茎が下がってきてより歯の黒ずみが目立つようになってしまっているのではないでしょうか。